ギャラリー

あれ?

在園生へのお別れプレゼントを作っていた5才児のMくん。 なかなかアイディアが思いつかなくて、紙粘土をぐるぐる回していたら、「かたつむりみたいだ!」 もうそこからは、生き生きと指先が動いていきました。

初めて!

食後のひとときを、ホールでWAKU-BLOCKと色板で遊ぶコーナーが用意された日。 同じクラスのお姉さん達に連れられて3才児の面々も積木をやりに来ました。もう、わくわく・・・・・

記念

粘土から器となった自分の作品を、卒園式のあと家へもち帰りました。 普段は頭から消え、何かの拍子にその時の記憶が思いおこされる品として残されていくのかな・・・と思います。