ギャラリー

紙 質

障子紙に毛糸をイメージして、まるを描いた作品です。 ガラス窓に貼ってあると、なんともシックで柔らかさや暖かさに満たされます。

命輝く時

青虫から蝶になって羽ばたく時は、息を飲む瞬間です。 『はらぺこあおむし』を楽しんできた一学期の終わりに、とうとう蝶が現れました。

困難を越えて

美しい作品だけを見ると、その出来栄えだけに気をとられがちになります。 でも、作品一つ一つには、実はそれぞれドラマがあるのです。 この時の和紙は、梅雨の湿気を含んで、実に切りにくかった...。 困った顔でハサミと格闘した作品なのです。(4才児)