どきどきの先に

子どもたちと保育者での遠足は、

いつもどきどき。

広い園内でどんなことを三歳児のAくんがするか、

四歳児のBちゃんがどんなことに心細くなるか、

五歳児のCくんがどこまで元気いっぱいか、

予想もしているけれど、

予想とは違うときだってしばしばあり。

 

今年は生きものや植物の芽、栃の実に心をわくわくさせている姿が

いっぱいありました。

生きものさんには受難でしたね。

最後に逃がすまえに、弱られた方も確かにいました。

つきあってくれて感謝です。

この土地で きみもあなたもいっしょうけんめい生きているって、

感じた瞬間もあったと、

出会ったからには願います。