一幅の絵

春の親子遠足の時に

毎年どうしようもなく心震える絵がある。

 

年長者が年下の方と手を繋ぎ、

沢渡川の小径を歩いて行くと、

林があって、

木々が上から包んでくれている。

径の両側には、野の花が咲き、へびいちごが赤い実をつけ、

空にはひばりのさえずりがちりちりしていて、

土手の上を特急が、ほほをピンクに染めて通り抜けていく。

 

足腰はおぼつかないかもしれない。

手を繋ぎたくない方もいるかもしれない。

それでも、こんな幸せな光景はめったにないと思う。

行く先には、たまらなく愛おしい母がいるのだし。。。