緑のちから

水戸幼稚園のまわりには、

緑の木々や植物やいきものが、

そよそよとうごめく緑地が点在しています。

 

お散歩に出かければ、颯爽と走りだし、立ち止まり、

かがみ込み、寝ころぶ子どもたち。

おとなも走り回ったり、きのこを突っついたり、

かさこそと足の下を感じたり出来るから、

子どもに返った気分に、一瞬なれるんです。

こういう場所では、子どもたちの方が先生であるかのよう。

新しいことを示してくれるあなたに、心が躍るのでした。

 

そして、おさなごにエネルギーを授ける事が出来るのは、

やはり緑のちからなのだと思うのです。