エルフ

ゆーくんとマットさんに読んで頂きたい…とお願いした絵本があります。
『かたあしだちょうのエルフ』という本。
私の小学校2年生の時の、夏休みの課題図書。
その時からうん十年。
私の心の中にはエルフのいる場所ができました。

一冊目の絵本のおもしろみに大笑いし、先読みしてその通りになるとにんまりし。
乗りに乗っていたのに。

そんな子どもたちが、2冊目、すーっとエルフのいるアフリカのサバンナに入り込んで、
エルフと共に熱波をあび、足に痛みを感じ、
そして大きなエルフの木に見守られている安堵感を感じ。
終わっても子どもたちはふーっと息を吐いて、しばしの静かなとき。
拍手をしてしまうのは大人の側で、
そこで空気がさっと変わっていく。

マットさんは正直です。
このお話は果敢なる挑戦であったと。
子どもたちとの今日のときは、ゆうくんマットさんの心に何かを刻んだようでした。
お二人さん、ありがとうございます。