最近の水戸幼稚園

電車になって

おにわの探検に出発!お友達の肩につながったり。せ~んろはつづく~よ~と歌が聞こえたり。(さくらG・ぞうGの3歳児)

生き物を見つめる

ピーマンを育てるため、苗を植える前に観察をしました。「これ はな?」」「こっちは?」その問いに、保育者が「つぼみだよ。」と伝えると、なるほど という顔をしたので、思わず笑みが。。。 (ちょうG・ことりGの3歳児)

たべちゃおう

いつも食べているいちごより何倍も大きないちご。 作り終わったら思わず食べたくなってしまいました。 おいしそうだから、先生にも食べさせて!と声をかけると ニヤッと、大きないちごを掲げてくれた方も。 もぐもぐ、ごちそうさまでした。 (さくらG・ぞうGの3歳児)

色々な物に変身

伸ばしたり丸めたり。あるお子さん曰く「恐竜だよ!」という作品を見て、刺激を受けたようです。なんと恐竜の背骨を作っていました。小さな社会で学んでいくことはいっぱいあります。(ちょうG・ことりGの3歳児)

しょうゆ?マヨネーズ?

望組が育てる〈つるなしいんげん!〉。気持ちは、もう収穫し何味で食べるかでいっぱい。 芽が出たことを友だちに知らせ、生長を共有。 いつ食べられるかな!?

僕がせんせい!?

せっかく作ったフリスビー。飛ばないよ~との声が飛び交う中、 こつをつかんだお子さんが!! 飛ばし方講座開始!今度は、飛んだ~の声が聞こえてきました。(5歳児)

ロケット発射

運動遊びでの一コマ。おしりがロケットに変身!なるほど~。 足も伸び、おしりもみるみる上がりました。 このポーズがマット運動の前転に生かされるんです。(5歳児)

おはなしのせかい

「今日、おはなしはらっぱ?」と、5歳児になっての楽しみの時間がやってきました。 一瞬でお話しの世界に引き込まれる。この眼差しから伝わります。 なおみせんせい、ありがとうございます。

進級して

始業式。まっすぐに見つめている先はS先生のお話。 「一つ大きくなって名札の色も変わったよね。」と言われるのが嬉しくて。清々しい空気が流れました。

春 始まりの時

見知ったメンバーが同じクラスだった!と ホッとしているのが、わかりました。 さあ勇気を出して、小さなステップを上がっていきましょう〜

そうなるか

午前中の雨がやんで、 「ねえ、ちょっとだけ外出ようよ。。。」 「雨やんでるし!」 保育者は、(そうね〜でもきっと服を汚すよね。。。) と迷いの中。 「じゃあ、遊具は濡れているから、お庭を散歩する だけにしよう。」 「うん、気をつけるよ!」   しかし、散歩の途中で発見したものは、 砂場のブルーシートの上の、立派な池でした。。。 「は〜愉しかった!」  

梅香る

水戸幼稚園から歩いて1キロほどのところに、偕楽園の入り口、表門があります。 「なんか匂いがする。」 「これじゃない?」 男の子も気をよくして、梅を見上げて行きました。 園までの4キロの道のりを、発見を楽しみながら、 余裕で歩いた次第です。(5歳児)