ギャラリー

ゆきだるま

あまり雪の降らない水戸市。本物の雪だるまを見たり作ったりしたことはないかもしれませんが、作る工程を説明すると「私は、ニコニコにする~。」「どんな顔にしようかなぁ。」と表情を考え、モールの角度を工夫し、作ることを楽しむ姿が見られました。眺めていると癒されます♪(ちょう・ことり虹星組)

頑張った甲斐があったよ!!

“最近の出来事”でも紹介しているスクラッチの作品です。手が疲れても休憩しながら懸命に塗った甲斐あって、描いた絵が鮮明にカラフルに輝いて現れました☆(ちょう・ことり光組)

どんぐりの妖精・・・!?

水戸幼稚園では散歩の定番である沢渡川緑地。そこで拾ったどんぐりを使っての製作。秋らしい色合いの水玉模様の装いが素敵です。小さなどんぐりとにらめっこをしながら顔を描きました。廊下でお子さんたちの姿を見守ってくれています! (ちょう・ことり光組)

仲間がいっぱい!

のりを使って、りんごとハリネズミを作りました。りんごは赤いりんごの方が馴染みがあるようでした。ハリネズミは「ツンツンしている生き物を作ってみよう」と、話すと「ハリネズミ」とすぐ分かったお子さんたちでした。ハリ(体毛)の表現が様々でユニークなハリネズミとなりました。(さくら・ぞう虹星組)

秋の森

園庭で拾った落ち葉に紙をのせ、パステルで擦ってみると、浮き出てきたのは綺麗な葉脈。「不思議!」と葉の凹凸を感じながらフロッタージュを楽しみ、できた葉っぱを集めて一本の木を作りました。クレパスを使って描いたキノコたちは、好きなだけ貼った落ち葉のブランコに乗せてあげると楽しげな作品に♪思い思いにちぎった紙を背中に貼ったり、クレパスで針を表現すると、とげとげが魅力のかわいらしいハリネズミができました。(ちょうG)

さつまいも

ほくほくで美味しい焼き芋を思い浮かべたり、さつまいも掘りに行った時に採れるといいな~と思うさつまいもを想像しながら描きました。今年のさつまいもは、大きいかな~、甘いかな~と今から楽しみです♪(さくらG)

思い出

遠足に行って楽しかったことを絵にしてみよう!すぐに描き出した方もいれば、「うーん、うーん。」と悩みながらだったり。。。「トンネルのところが描きたい」「蓮の葉っぱが難しい!」頭の中のイメージと向き合っているみたいです。描き終えると、達成感がありました。(ぞうG)

似てる?!

身近な素材を使って、“ドングリぼうや”を作りました。同じ材料でも使う量や、色合いがそれぞれ異なり、微妙な風合いで自分だけのオンリーワン作品がたくさん出来上がりました。作品に表情が生まれてくると「あれ?これ、僕に似てない?」「私っぽい!」という声もちらほら。ロン毛やアフロ、ニット帽に眼鏡、ヘッドドレス、アクセサリーを作って付けたり飾ったりするなど、細部までこだわって仕上げていました。個性豊かな作品の数々です。(ことりG)

どんな秋を楽しんでいますか?

9月には、敬老の日っていうのがあるよとみんなで話したり、夏休みにおじいさんおばあさんに会えた人はいるかな?と質問したりしながら葉書を送る準備をしました。綿棒で赤と青の絵の具を混ぜていくと…「ぶどう色になった!」と喜んでいたお子さんたちです。味のある、素敵なお手紙になりました。(ちょう・ことり虹星組)

うわぁ~!色が広がった!

黄色、水色、ピンクの3色の絵の具で障子紙を使って染め紙作り!見本を見せると、色がじわじわと広がり、早くやりたい様子でわくわくしている表情を浮かべる子どもたち。笑顔を見せ夢中で楽しむ姿が見られました。(ちょう・ことり光組)

敬老のハガキ

おじいさま、おばあさまの事を思いながら、みの虫を作りました。右のみの虫は、舌を出しているんですよ!(さくら・ぞう光組)

壮大な世界観を味わいながら・・・

望組の活動で楽しんだ造形と描画です。イメージがどんどんふくらみ、海を越えて空を超えて、宇宙を想像して描いているお子さんも。思い思いに語りながら独創的な世界が広がっていきました。子ども達の創造表現は無限大です!(望組)