ギャラリー

壮大な世界観を味わいながら・・・

望組の活動で楽しんだ造形と描画です。イメージがどんどんふくらみ、海を越えて空を超えて、宇宙を想像して描いているお子さんも。思い思いに語りながら独創的な世界が広がっていきました。子ども達の創造表現は無限大です!(望組)  

パタパタうちわ

クレパス、そして指に絵の具をつけて描いたひまわり!とても夏らしい爽やかで涼やかなうちわが出来上がりました。持ち帰る日を心待ちにしている声があがっています♪(ちょう・ことり光組)

ぐんぐんのびて、まだのびて!

5月に種をまいた“さやえんどう”ここまで大きくなりました。ピンとのばすと1メートル弱くらい。そしてよ~く見ると第1号が!見つけられるでしょうか?探してみてください。(ちょう・ことり光組)

恐竜

虹・星組の活動で粘土遊びをした時の作品です。恐竜が好き!そんな気持ちが伝わってきます。(ちょう・ことり虹星組)

どんな顔をしてるかな

手鏡で、自分の顔を観察してみました。「私は、ここにホクロがあるから描いてみたの。」「自分の顔を描くのはちょっと難しいし、恥ずかしいな~。」などの声が聞こえ、1人1人違う顔が完成しました。(さくら・ぞう光組)

かたつむり

シール遊びで、カラフルなカタツムリができました。僕のは?と探す姿が可愛らしかったです。(さくら・ぞう虹星組)

不思議な実

不思議な実

こんぺいとうのようなこの実は、「コノテガシワ」という木の実です。 名前が分からず、謎の実として、色水作りで、すりつぶしてみたり、飾りとして使ってみたり。埋めてみたら何が出てくるのだろう?とぞうグループのテラスの前!!に埋め始めた子どもたち。水をかけて、「はやく芽を出せ、柿の種♪大きくなれなれ柿の種♪」と柿?ではないけれど、馴染みのある実に見立てて、楽しそうな歌が聞こえてきました。(ぞうG)

砂風呂

とても暑い日の午後遊びにて、日陰になっている所の砂に手を入れるとひんやりして、気持ちがよいことに気がつきました。手を砂に埋めてみよう、今度は足も埋めて~。と冷たーい砂風呂を楽しみました。(ぞうG)  

梅雨ならではの・・・

幼稚園に咲く紫陽花を眺めながら、折り紙やクレパスで紫陽花と傘をさしたカエルの製作をしました。お部屋の中は梅雨の季節を感じる作品たちでいっぱいです。(ちょうG)

ビー玉コロコロ

ビー玉に絵の具を付けて、箱の中でコロコロと転がします。どこへ転がっていくか分からないビー玉の描く線に見入って、じっくりと味わう時間となりました。(さくらG)