ギャラリー

秋の森

園庭で拾った落ち葉に紙をのせ、パステルで擦ってみると、浮き出てきたのは綺麗な葉脈。「不思議!」と葉の凹凸を感じながらフロッタージュを楽しみ、できた葉っぱを集めて一本の木を作りました。クレパスを使って描いたキノコたちは、好きなだけ貼った落ち葉のブランコに乗せてあげると楽しげな作品に♪思い思いにちぎった紙を背中に貼ったり、クレパスで針を表現すると、とげとげが魅力のかわいらしいハリネズミができました。(ちょうG)

さつまいも

ほくほくで美味しい焼き芋を思い浮かべたり、さつまいも掘りに行った時に採れるといいな~と思うさつまいもを想像しながら描きました。今年のさつまいもは、大きいかな~、甘いかな~と今から楽しみです♪(さくらG)

思い出

遠足に行って楽しかったことを絵にしてみよう!すぐに描き出した方もいれば、「うーん、うーん。」と悩みながらだったり。。。「トンネルのところが描きたい」「蓮の葉っぱが難しい!」頭の中のイメージと向き合っているみたいです。描き終えると、達成感がありました。(ぞうG)

似てる?!

身近な素材を使って、“ドングリぼうや”を作りました。同じ材料でも使う量や、色合いがそれぞれ異なり、微妙な風合いで自分だけのオンリーワン作品がたくさん出来上がりました。作品に表情が生まれてくると「あれ?これ、僕に似てない?」「私っぽい!」という声もちらほら。ロン毛やアフロ、ニット帽に眼鏡、ヘッドドレス、アクセサリーを作って付けたり飾ったりするなど、細部までこだわって仕上げていました。個性豊かな作品の数々です。(ことりG)

どんな秋を楽しんでいますか?

9月には、敬老の日っていうのがあるよとみんなで話したり、夏休みにおじいさんおばあさんに会えた人はいるかな?と質問したりしながら葉書を送る準備をしました。綿棒で赤と青の絵の具を混ぜていくと…「ぶどう色になった!」と喜んでいたお子さんたちです。味のある、素敵なお手紙になりました。(ちょう・ことり虹星組)