気になって

さくらの下の木陰は、天然の天蓋です。

さくらに見守られながらしゃがんでいるAくん。
なんどもなんども 砂をすくっては手のひらの間から
しゅるしゅるしゅるしゅるしゅるしゅる。

せんせい見て!あながあいてく
おとしあなだ!

走り寄ってきた女の子Bちゃんが
すなどけいみたい!と発見。

Bちゃんもしゃがんで、
またしばらく時の人になっていました。

肌をすり抜けていく砂の感触。
変化していく砂の美。