ギャラリー

花火

水戸でも夏に打ち上げ花火が上がります。 見に行く方はいるかな?きらびやかな色紙を熱心に貼りました。

コーナーで木工をやったら

5歳児の方はかなづち体験をしたので、 材料を選んでもらって熱心に打ち込める方も現れました。

全部つなげるぞ!

ピンボードをどんどんつなげて、輪ゴムを全部使いきるぞ !と 二人の4歳児の男の子が夢中になって30分。 「はー、できたー。」

食べたい

暑くなってきて、この形を見たら、熱心に作りたくなってしまった僕・わたし

点シール

なんでくるくるカーブを描いてシールを貼るのか、 わかっているかな? それでも「かたつむり」とつぶやく姿がありました。(3歳児)

キーホルダー掛け

木片にくぎを打って、作品に仕上げていく過程は、 さながらデザイナーのようで、 苦心はありつつ、満足もある。 どれも味わい深い作品です。(5歳児)

お気に入り

クレパスのふたを開くと、自分のお気に入りの色を手に取り お気に入りの表現を熱心に描き出しました。(3歳児)

虫だらけ

幼稚園には色々な小さな生きものが現れます。 虫たちが身近に感じられるように、ちょうちょを作りました。 色使いが細かいですね。(4歳児)

カラフル

大きめの紙コップに切れ目を入れて、ジャンボな花を作りました。 華やかで明るくて、心も元気になるようです。

涙かわいて

新しい年度になって、なんか不安で 涙が出てしまうBちゃん(4歳児)。 一緒にマグネットをやり始めたら、 どんどん手伝ってくれて、そのうち夢中になりました。 あら、もう活き活きした声!

心晴れやかに

幼稚園にはソメイヨシノの大木があります。 大きな木に包まれている感覚は、なんともいえないもの。 手をまっピンクにして、花を咲かせました。

羅漢

砂場ではなく、遊具の裏側の狭い空間にしゃがみこんで、 熱心に型抜きをしているのは、4歳児のふたり。 まるで荒れた寺にある羅漢のように、見えました。