ギャラリー

アイロンビーズ

アイロンビーズは原色の色合いが多いけれど、 淡い色合いのストローを細かく切って作ったアイロンビーズのコースターは、 シャボン玉のような優しい色合い。 これならおうちでも出来そう!(5歳児)

色々なかたち

身近にあるものの形を意識するのに丁度いい製作でした。 ○の中に○が隠されているボタン。立体の球にあたる千日紅。 どんぐりの形も、きっと置き方で変わるはず。。。(ぞうグループ)

材料がたっぷり

どんぐりも、ポンポンも、枝もボンドもたっぷり使えると、 ケーキが豪華になるね。(ことりグループ)

家のかたち

5歳児はみのむしの家を作りました。 色板のように同じ形をつなげることは、 自分なりの美しいかたちを意識することになりました。

お芋 すっごく大好き

クレパスと絵の具の赤と青で、さつまいもを描きました。 あ~早く、いもほりしたいな とつぶやきが聞こえました(4歳児)。

ぼく みのむし

3歳児にはみのむしはわかりませんでした。 何それ? 写真を見せましたが、 それでも?です。 でもそれなりに、雰囲気在ります。

バスがすき

愛着をもってもらったバス。 一台描き、二台描き、三台描き。 大好きという想いで、こちらも胸がいっぱい。(5歳児)

(はりせん)ぼん

何を作ったの? 「う~ん  ぼん!」と満三歳児のDくん。 お魚の写真を見て、気に入ってしまった面々。 一杯とげを貼りました。

柿の色

ちぎって貼っていくうちに、 黙々となっていきました。 白地に映える柿色に、言葉を失ってしまうかのようでした。(5歳児)

考える2

片付ける時が来た。でもどうやって? 「崩すときのうるさい音、きらいなんだよね。。。」 また上から一つずつ、手渡しを選択。 自分に正直に声をだせたね。

考える1

さっきまではお花の形。 でも数分後には、宝の隠し場所に。。。

線対称

こんなふうに作れると、自分はすごいなと目でわかる。 目で見て自分に満足満足。