ギャラリー

モダン

釘を5本打ち付けて、母に麻紐を結んでもらって、 ポスカで自分なりの模様を描き込みました。 好みが見えますね。(5歳児)

らいおん 知ってる!

はさみで切ったたてがみの中は、力強い顔。 もうそれは、確かな存在。(3歳児)

踊り子たち

モザイクのマグネットは木製で、 子どもたちの手に心地よく、 仲良し二人が踊り子のような連なりで、 素敵に立っているのでした。(4歳児)

アリの巣

『ちか ひゃっかいだてのいえ』 のように、 地面の下にも 夢があるようです。

ペンたて

編み込みの仕方を思い出せたり、 あれ、どうやるんだったっけ? と忘れちゃったり。。。 せんせい、考えるってたいへん。(5才児)

かたつむり

地味なイメージのかたつむりが、 カラフルカラフル。 梅雨もまた愉しとなるかな?

差し出す

「せんせい みて!」と差し出されたものは、 まあるいせかい。 小さな手のひらでしっかり支えてくれている。 世界もまあるくなるといいのにね。

いちご

好きなくだものは「い・ち・ご」 そういう方が多かったので、考えてみたのですが、 園には置いていってくれず、お土産になってしまい なかなかたまりません。。。

大きい!

ちょっと大きすぎるのでは? と思ってしまったテントウムシの壁面。 テントウムシ好きの方も引いてしまうかもしれませんが、 春を運んでいる気分で、熱心に作っていました。

ここから

どんな発明も、この思いつきから始まるんです。

ブラックホール

宇宙の図鑑が好みの子は結構います。 宇宙は未知で迫力があって、なおかつ自分には遠いもの。 だから、まだこわくない。 なるほどね。(5歳児)

きいろいのはちょうちょ

五味太郎さんの絵本のタイトルを思い出してしまいました。 コーヒーフィルターの中に、ちょうちょが潜んでいたのです。